再造林地におけるシカ被害防除技術の開発

再造林地におけるシカ被害防除技術の開発

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間新H26-29
年度2013
概要平成22年度までの5年間で花粉対策事業(主伐)によって皆伐後、再造林した面積は、175haにのぼる。この地では、植栽木が10月にオスジカの角こすりによって甚大な被害を受けることが明らかとなった。奥多摩のような急傾斜地に対応した防除技術は確立されていない。そこで、東京の山に適した防除品を開発する。また、この地にやってくるシカの個体群は、これまでのセンサーカメラの画像からでは同じか否か不明であり、同じ個体群が防除影響を受けているか不明であった。そこで、シカの糞からDNA解析を行い、シカの個体群の分布や動態を把握し、防除品の最適な配置条件を明らかにし、対策に活用する。
研究分担農林総合研究センター
、緑化森林科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat