島しょ産果実を利用した醸造酢の開発

島しょ産果実を利用した醸造酢の開発

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間継H25-27
年度2013
概要生産量が近年増加しているパッションフルーツを利用した新たな加工品の開発を目的として,果皮や種子の利用も検討しながら,風味に優れ,機能性成分に富んだ醸造酢の開発を行う。パッションフルーツ果実から果皮と種子を除去して得られた混濁果汁(pH 2.9)を殺菌後,糖・エタノールを添加し,酢酸菌による発酵試験を行った。初発pH値 4.5,1/2×希釈の試験区で,最も速いpH値の低下,酢酸菌の菌数増加,酢酸酸度上昇が確認された。遠心分離処理の影響は認められなかった。
研究分担農林総合研究センター
、食品技術センター
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206685
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat