4.適正施肥による土壌環境悪化防止技術の確立 、(1)精密土壌管理技術による低コスト施肥技術の開発

4.適正施肥による土壌環境悪化防止技術の確立 、(1)精密土壌管理技術による低コスト施肥技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜27
年度2013
概要目的:土壌中の過剰養分の減衰に関する研究を進め、土壌診断基準値の上限値を設定し、適正で効果的な施肥基準を提示する。リン酸やカリについて、土壌診断に基づいた無駄のない適正な施肥法を開発し、施肥コストを削減する。
、計画:(1)野菜作におけるリン酸減肥基準の策定、(2)施肥コスト節減対策技術の確立
、期待される成果:精密な土壌管理により、とくにリン酸とカリの施肥が適正に行われ、施肥コストが低減する。
研究分担生産環境部、三浦半島地区事務所
予算区分県単、受託(独立行政法人、民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206735
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat