4.適正施肥による土壌環境悪化防止技術の確立 、(3)環境負荷低減に寄与する減肥技術の開発

4.適正施肥による土壌環境悪化防止技術の確立 、(3)環境負荷低減に寄与する減肥技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜29
年度2013
概要目的:マリーゴールド‘エバーグリーン’の減肥効果、殺センチュウ効果などの導入効果を明らかにすることにより、栽培面積の増加を図り、地力向上および空畑解消への一助とする。三浦半島における地下水硝酸性窒素軽減対策メニューの1つとしてその効果を検証する。有機質資源等の適切な使用や局所施肥等の導入により、より環境に配慮した減肥技術を確立する。
、計画:(1)ダイコン畑における新しい緑肥栽培の体系化、(2)冬作キャベツでの局所施肥法の実用技術開発、(3)茶の環境保全型施肥体系の確立
、期待される成果:マリーゴールド‘エバーグリーン’の減肥効果および殺センチュウ効果が明らかになり、空畑への作付指導に有効な情報提供が可能となる。局所施肥技術(減肥)の確立により、低コスト化と環境負荷軽減が進められる。
研究分担生産環境部、三浦半島地区事務所、北相地区事務所
予算区分県単、受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat