14.新鮮で安全な農畜産物を安定して提供するための技術開発 、(1)地産地消を推進する安定生産技術の確立 、(カ)優良中晩柑類の栽培技術の確立

14.新鮮で安全な農畜産物を安定して提供するための技術開発 、(1)地産地消を推進する安定生産技術の確立 、(カ)優良中晩柑類の栽培技術の確立

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要目的:当所で考案した大津4号の低樹高化栽培技術である「ウサギの耳形整枝法」を応用し、不知火、はるみの樹勢改善、及び連年結実技術の確立を図る。施肥方法の違いによる不知火、はるみの葉内成分の変動及び樹体生育、果実品質を明らかにし、緩効性肥料利用による樹勢改善等への効果的な施肥技術の確立を図る。
、計画:(1) 優良中晩柑におけるウサギの耳形整枝法による高品質安定生産技術の検討、(2) 優良中晩柑における緩効性肥料利用による施肥改善技術の検討
、期待される成果:「ウサギの耳型整枝法」による3t/10aの連年生産。夏・秋肥に緩効性肥料を利用することで、慣行施肥方法に対して、収量性、果実品質の向上を目指す。
研究分担足柄地区事務所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206770
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat