19.施設園芸や畜舎管理における斬新な環境制御技術や再生可能エネルギー利用技術の開発 、(1)施設園芸における環境制御技術の開発 、(イ)中小規模園芸ハウスを対象とした複合エコ環境制御技術の確立 、

19.施設園芸や畜舎管理における斬新な環境制御技術や再生可能エネルギー利用技術の開発 、(1)施設園芸における環境制御技術の開発 、(イ)中小規模園芸ハウスを対象とした複合エコ環境制御技術の確立 、

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要目的:イチゴへの局所加温システムの利用による重油消費量削減及び収量の増加・平準化。炭酸ガス施用、蓄熱システム等を利用した複合環境制御システムの確立。生産者ほ場におけるシステムの実証。
、計画:(1)輻射熱による局所加温システム利用技術の確立、(2)複合エコ環境制御システムの構築と評価、(3)現地実証試験
、期待される効果:本県に多い中小規模ハウスに導入可能な局所加温技術を核とした複合環境制御システムを開発する。収益性が2割向上するシステムを確立する。
研究分担生産技術部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat