高品質牛肉の生産技術の開発 、(3)食品製造残さの省力的飼料調整方法の検討(現地調査)

高品質牛肉の生産技術の開発 、(3)食品製造残さの省力的飼料調整方法の検討(現地調査)

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター畜産技術所
課題種別試験研究課題
研究期間完平成25年度
年度2013
概要目的:生産現場ではトウフ粕発酵飼料調製作業の労力負担が大きく、発酵中の飼料貯蔵スペースが足りないなどの問題点がある。そこでトウフ粕発酵飼料を普及するために県内肥育牛生産者の作業形態、飼料調製方法、省力化手法および飼料の栄養成分を調査した。
、成果:トウフ粕発酵飼料の調製作業は、生産現場では労力負担が大きいなどの問題点がある。そこでトウフ粕発酵飼料を普及するために県内の肥育牛生産者(4戸)の飼料調整方法や省力化手法を調査した。調査農家のトウフ粕配合割合は、22〜42%と当所の50%と比較して低い数値であった。また、調整時にベルトコンベアやフォークリフト、バケットローダーなどを使用して省力的に調整している事例が認められた。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206816
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat