窒素深層施肥による水田フル活用−大豆、麦、多用途米の新規生産向上技術の開発と普及 、ア 新潟県に適応する基肥一発施肥法の検討 、(イ)水稲直播栽培

窒素深層施肥による水田フル活用−大豆、麦、多用途米の新規生産向上技術の開発と普及 、ア 新潟県に適応する基肥一発施肥法の検討 、(イ)水稲直播栽培

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:飼料用やバイオ燃料米など多用途米に対して、直播直下への石灰窒素深層施肥等、省力・低コスト・多収施肥法を検討する。
、成果:多用途米極早生品種の直播栽培において、石灰窒素の深層施肥により穂肥を省略できた。施肥管使用本数は5本と2本で生育差はほとんど無く、2本使用で問題ないと思われた。深層施肥量は7kgN/10aまで投入可能であったが、3kgN/10aでも慣行区と同等の収量、品質を得られた。
研究分担栽培科
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206906
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat