大豆立枯性病害の発生生態の解明と発病低減技術の開発 、ア 大豆及びえだまめにおける黒根腐病の発生生態の解明 、(ウ)明渠による発病低減効果

大豆立枯性病害の発生生態の解明と発病低減技術の開発 、ア 大豆及びえだまめにおける黒根腐病の発生生態の解明 、(ウ)明渠による発病低減効果

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要目的:大豆ほ場の明渠の有無によるダイズ黒根腐病の発病低減効果を検討する。
、成果:明渠の施工は、降雨後の雨水を速やかに排出し、隣接する水田からの水分の侵入を遮ることから、黒根腐病の発病を抑える効果があると考えられた。ただし、明渠から離れると、その効果は減少した。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206922
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat