水稲品質向上技術開発事業 、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発 、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築 、b 有機質肥料の穂肥診断 、(b)基肥一発肥料の追肥診断

水稲品質向上技術開発事業 、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発 、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築 、b 有機質肥料の穂肥診断 、(b)基肥一発肥料の追肥診断

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜27
年度2013
概要目的:有機質配合基肥一発肥料の使用が拡大傾向にあるが、低地力地帯では登熟期の葉色が低下するなどして追肥を行っている事例もある。ここでは、有機質100%肥料による追肥が生育、収量、品質などへ与える影響を明らかにする。また適切な時期や量、追肥施用の効果が期待できる生育目安を明らかにする。
、成果:基肥一発肥料区において、出穂前の有機質100%肥料施肥により、葉色が濃く維持される傾向があったが、葉色は栽培指針値を下回っており、効果としては不十分だった。窒素成分で1〜2kg/10a施用することで、玄米タンパク質含有率の極端な低下は抑えられた。施用時期による差は明確でなかった。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206928
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat