水稲品質向上技術開発事業 、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発 、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築 、e 低地力地帯での鶏ふん利用技術

水稲品質向上技術開発事業 、ア コシヒカリ等の温暖化対応技術開発 、(ア)有機質肥料に対応した栽培体系の構築 、e 低地力地帯での鶏ふん利用技術

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜27
年度2013
概要目的:減化学肥料栽培対応の有機質入り基肥一発肥料の使用が広がっているが、低地力地帯では初期生育不足になっており、化成肥料の使用量は制限されているため、入手しやすい鶏ふん堆肥等で、初期生育改善ができるか検討する。
、成果:基肥一発肥料区において、窒素成分4%の鶏ふんを、有効窒素1〜2kg/10a(全窒素2〜4kg/10a)基肥で追加施肥した。地力の豊富なほ場であったため、生育差はなかった。最高分げつ期までの茎数は、2kg施用区で若干多かったものの有意差はなかった。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat