水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発 、ア 難防除病害虫の発生生態解明と管理技術の開発 、 (エ)水稲害虫の管理技術の開発 、d クモヘリカメムシの発生生態

水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発 、ア 難防除病害虫の発生生態解明と管理技術の開発 、 (エ)水稲害虫の管理技術の開発 、d クモヘリカメムシの発生生態

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜27
年度2013
概要目的:本県におけるクモヘリカメムシの発生生態を明らかにするため、雑草地における発生消長を調査した。
、成果:雑草地おけるクモヘリカメムシの発生消長は、6月下旬から7月上旬に越冬後成虫が出現し、その後1〜2世代経過するものと推定した。
研究分担栽培科
予算区分県単
業績(1)新潟県の雑草地におけるクモヘリカメムシの発生消長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat