水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発 、ア 難防除病害虫の発生生態解明と管理技術の開発 、 (オ)ダイズ土壌伝染性ウイルス病 、a ダイズ土壌伝染性ウイルス病の発生生態と防除対策

水稲・大豆の難防除病害虫の管理技術の開発 、ア 難防除病害虫の発生生態解明と管理技術の開発 、 (オ)ダイズ土壌伝染性ウイルス病 、a ダイズ土壌伝染性ウイルス病の発生生態と防除対策

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜27
年度2013
概要目的:県内で最も多いダイズ縮葉モザイクウイルス(SLRMV)について石灰質資材を用いた酸度矯正を行い、SLRMV発生抑制効果を検討する。
、成果:石灰質資材による土壌酸度矯正は、発病を抑制する効果があると考えられるが,ダイズ株を傷つけると土壌矯正に関わらず発病株率が大きく上昇することから、培土は注意を要する。
研究分担栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030206986
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat