県内飼料生産利用拡大のための技術開発

県内飼料生産利用拡大のための技術開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:飼料コスト低減のためには、輸入飼料に振り回されない低価格・安定的な飼料資源の確保が必須である。そのために、飼料作においては、新たな草種導入、雑草防除体系、簡易追播更新技術等により飼料生産基盤の安定化を図る。食品残さ等の飼料化では、飼料成分の分析、安全性評価を含む品質管理、飼料化方法、給与方法などの技術開発を行い、普及を図ることで畜産経営の維持と安定化を目指す。
、結果:簡易な播種方法や確実な雑草防除を同時に行うことで、寒地型イネ科牧草体系と比較しても、年次変動の少ない安定生産技術となる基礎データを得た。食品残さの利用アンケートでは、利用希望食品残さ等は、飼料用米が最も多く、養豚向けで4戸が最も多かった。利用していない理由は、研究だけでは解決困難なシステムの問題もあることが判明した。また、もやし残さの飼料化技術を開発し、現地での普及に取り組んだ。

研究分担生産・環境科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat