佐渡地域特産園芸品目の安定生産技術の確立

佐渡地域特産園芸品目の安定生産技術の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所佐渡農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:かきの防除回数削減技術の確立
、成果:かきのすす点病で7月下旬から8月末までの防除回数を3回から2回にした場合、チオファネートメチル剤の防除効果が高かった。防除回数の削減について検討する。
、目的:かき遊休園地の活用方法の検討
、成果:かきの隔年交互結果栽培で収量の向上を確認した。要因と考えられる貯蔵養分の増加について通常栽培で検討する。
、目的:当センターで発見された「平核無」の枝変わり系統の特性把握と活用
、成果:枝変わり系統は加工原料に適すると考えられた。栽培方法について検討する。
、目的:地域特産品目のメロン(グランドール4号)の品種特性の把握
、成果:品種特性を明らかにした。
、目的:晩秋まきサラダ用ほうれんそうにおける葉身重割合とシュウ酸塩濃度の関係の検討
、成果:葉身重割合とシュウ酸塩濃度には正の相関関係がみられた。
、目的:柑橘類の佐渡地域での栽培適応性の検討
、成果:柑橘類9品種のうち晩柑類2品種で佐渡での栽培に有望と確認された。収穫適期等について検討する。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207085
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat