木質ペレットの品質試験及び燃焼灰の利用開発

木質ペレットの品質試験及び燃焼灰の利用開発

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H23-25
年度2013
概要目的:県内でも生産量が増加しつつある木質ペレットの品質を明らかにするととともに、燃焼灰の活用方法を検討する。
、成果等:県内産ペレットの品質試験を行った結果、かさ密度と機械的耐久性はペレットの水分と関係があり、ペレットの水分が低くなるとかさ密度が高くなるが、機械的耐久性は低くなる傾向がみられた。
、県内主要樹種37種の木部、樹皮、葉の灰分を測定した結果、木部と葉ではいずれの樹種もKとCaの比率が高いことで共通していた。樹皮は、木部と葉と比較してCaの比率が特に高かった。
研究分担森林・林業技術課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207124
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat