細胞選抜によるきのこ種菌維持管理技術の解明

細胞選抜によるきのこ種菌維持管理技術の解明

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H23-25
年度2013
概要目的:長期保存による劣化が問題となっているきのこ種菌の永続保存を目的に、優良細胞の選抜と増殖によるきのこ種菌の活性化技術を開発する。
、成果等:ナメコ種菌の菌糸断片に存する変異細胞の淘汰圧としての高温処理の適正強度が解明された。また、選抜された4菌株とその元菌株を培養日数を変えて栽培比較した結果、細胞選抜菌株は増収性に加え、培養期間の短縮が可能であることがわかった。
研究分担きのこ・特産課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207132
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat