水稲新品種育成試験

水稲新品種育成試験

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継T11〜
年度2013
概要人工交配を変異源とする系統育種法により実施した。系統選抜は、熟期、収量、玄米外観品質、食味官能値を主な選抜指標として行い、昨年までの結果から有望と考えられた系統は、生産力検定および特性検定に供試した。生産力検定は、普通移植区(5月中旬)、早期移植区(4月下旬植え)、直播区(4月下旬播き)を設けた。葉いもち圃場抵抗性、穂いもち抵抗性、障害型耐冷性、穂発芽耐性、高温登熟性、低温土中出芽性については、人工的にストレス条件を作り出し、特性を調査した。
、 試験の結果、と系1469を有望系統として選抜し、「富山83号」の系統名を付与した。
研究分担農業研究所 育種課
、農業バイオセンター
予算区分県単
業績(1)作物の閉花受粉性〜その分子機構と育種における利用
、育種現場におけるspw1の利用

(2)インド型水稲品種「ハバタキ」の種子休眠性の解析
(3)短稈性といもち病抵抗性を有する9種類のコシヒカリ同質遺伝子系統「コシヒカリ富筑SDBL」の育成
(4)A near isogenic line of rice carrying chromosome segments containingOsSPS1 of Kasalath in the genetic background of Koshihikari producesan increased spikelet number per panicle
(5)Mapping and validation of QTLs for rice sheath blight resistance
(6)インド型水稲品種「カサラス」米糠抽出液の抗酸化性に関する遺伝分析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207137
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat