切り花の安定生産技術確立試験 

切り花の安定生産技術確立試験 

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H25〜27
年度2013
概要小ギクの簡便安価な多収栽培技術を開発する目的で、前年度に多収効果のあった早期定植後+被覆トンネル栽培と栽植密度や施肥方法を組み合わせることで、多収と高品質切り花生産を構築する。その結果、慣行よりも2週間トンネル被覆期間を延長することで開花が遅れたものの茎長や節数が増加し、切り花重により出荷単収が高くなった。また、仕立てた茎1本当たりの窒素量が0.5gとなるようフラワー有機ペレットを施肥し、4月上旬に定植した後5月中旬まで穴あきトンネル栽培を行うと、12cmネット4条植えまたは、12cmネット2条植えとした場合に、35g/本以上となる切り花単収が最も高くなった。ただし、目標の単収に届いた品種は‘いずみ’のみであった。 
研究分担園芸研究所
、花き課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207183
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat