水稲複合経営に適応した富山型モモ栽培体系の確立

水稲複合経営に適応した富山型モモ栽培体系の確立

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要○ 水稲作業との競合の少ない新たなモモ作業体系を確立する。
、○ 「あかつき」「よしひめ」「なつおとめ」ともに、95%区は他区と比べて収量が少なく、「あかつき」「なつおとめ」では富山県の目標収量2t/10aを下回った。この原因は、本年は開花期以降の低温によって結実率が38〜74%と低く、このような条件では、95%区は過剰摘蕾となり着果数が減少したことによると推察された。
、 葉数および新梢、果実品質において、摘蕾程度による差は見られなかった。
、 以上の結果、95%の強摘蕾では過剰摘蕾となり目標収量を下回ったが、90%の摘蕾では、慣行と同等の収量が得られ、予備摘果作業の軽減も可能であることが示唆された。
研究分担園芸研究所
、果樹研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207193
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat