選別精液活用による受精卵生産技術の確立 、1)性選別精液に適した過剰排卵処理プログラムの開発

選別精液活用による受精卵生産技術の確立 、1)性選別精液に適した過剰排卵処理プログラムの開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜25
年度2013
概要目的:性選別精液を用いた場合の採卵や体外受精卵生産において、過剰排卵処理プログラムの改善を図り、優良乳用牛からの効率のよい後継牛確保のための技術を確立する。
、成果:性選別精液を用いて過剰排卵処理を行う場合、子宮角深部に人工授精を施すと、選別していない通常精液を用いた場合と同様の正常卵率が得られる。また、経産牛の場合、子宮角深部に人工授精することで、1回授精でも良好な正常胚率がのぞめる。
研究分担畜産研究所
、酪農肉牛
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207194
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat