ルーメン発酵の健全化による乳牛の繁殖性向上技術の開発 、1)機能性物質を活用した潜在性ルーメンアシドーシス予防効果の解明

ルーメン発酵の健全化による乳牛の繁殖性向上技術の開発 、1)機能性物質を活用した潜在性ルーメンアシドーシス予防効果の解明

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H25〜27
年度2013
概要目的:周産期牛の潜在性ルーメンアシドーシス(SARA)発症を予防および低減させるため、ルーメン液中エンドトキシン濃度低減効果の認められたラクトフェリン等のエンドトキシン拮抗剤給与によるSARA予防効果を検証する。
、成果:乳用経産牛の分娩前後の給与飼料にラクトフェリンを添加することは、ルーメン液中のpHの低下を抑える。また、体重の回復が早い。
研究分担畜産研究所
、酪農肉牛
予算区分受託(農水省)
業績(1)周産期疾病を暑熱対策から考える
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207197
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat