種豚選抜に有効な経済形質マーカーの検討

種豚選抜に有効な経済形質マーカーの検討

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜25
年度2013
概要目的:経済形質関連マーカーを用いて閉鎖群育種過程において選抜された種雌豚の遺伝的変化を調査し、「選抜」と遺伝子多型、並びに目標形質の表型値との関連性を調査する。
、成果:選抜形質である初産一腹総産子数、背脂肪厚については、ESRの遺伝子頻度が世代が進むにつれて高まるなどの特徴が確認された。
研究分担畜産研究所
、養豚課
予算区分県単
業績(1)大ヨークシャー種の閉鎖群育種課程におけるエストロゲン受容体及びプロラクチン受容体遺伝子の調査
(2)産子数を選抜対象とした大ヨークシャー種系統豚におけるエストロゲン受容体遺伝子の竹井頻度の世代推移
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207208
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat