2地域木材産業と連携した安全・安心な木造建築技術の開発 、(1)既存住宅に対応した制振パネル工法の開発

2地域木材産業と連携した安全・安心な木造建築技術の開発 、(1)既存住宅に対応した制振パネル工法の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜H27
年度2013
概要 これまでに開発した制振壁をベースとした、既存住宅の耐震補強用制振壁の壁せん断試験を行った。ここでは、柱脚部の引き寄せ金物が施工できない場合を想定し、既存補強金物程度で対応できる耐力に抑えるため、ダンパーの耐力をこれまでの半分以下とした。ただし、ダンパーに効率よく変形を集中させるため、ダンパー単体の耐力を小さくすることによって、その枚数は減らさずに分散配置とした。また、既存の天井や床を壊さずに施工できるように、パネルは梁・土台とは接合せずに空間を設けた。試験の結果、エネルギー吸収能力優れた復元力が得られ、耐力も抑えられた。また、壁倍率換算で合板壁程度の性能が得られた。
研究分担木材研究所
、木質構造課
予算区分県単
業績(1)性能の異なるダンパーを配置したダンパー付き耐力壁の開発
(2)木質建築制振構造における履歴吸収エネルギーの分析と制振壁の配置法
(3)鋼材ダンパー付き耐力壁と合板耐力壁を有する木質構造の履歴吸収エネルギーと応答制御
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207254
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat