3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、 (5) モモにおける敷設資材の検討

3 果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)安定生産技術の確立 、 (5) モモにおける敷設資材の検討

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25
年度2013
概要目的:モモ栽培では、着色促進のため光反射資材を敷設しており、より着色促進効果が高いものが現場からは求められている。そこで、従来のものより耐久性が高く、光反射構造も異なる新しい資材「スノーテック」を用いて着色促進効果について検討を行う。
、成果:新資材「スノーテック」は着色向上効果が慣行資材(ネオポリシャイン)に比べて優れることが明らかとなった。また、収穫期が慣行資材よりも早まる傾向がみられた。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat