5 リンゴの樹体ジョイント仕立てによる 、省力栽培技術の確立 、1)ジョイント仕立て専用苗木の育成法 、 (1) 大苗育成技術の開発 、  1) 苗木管理法 、イ 接木2年目

5 リンゴの樹体ジョイント仕立てによる 、省力栽培技術の確立 、1)ジョイント仕立て専用苗木の育成法 、 (1) 大苗育成技術の開発 、  1) 苗木管理法 、イ 接木2年目

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜28
年度2013
概要目的:樹高1.8mの高さでジョイントする場合、樹高が3mを超える苗木の生産が必要であることから、ジベレリン塗布剤処理、先端部の摘心、施肥による接ぎ木2年目の苗木管理法について新梢伸長促進効果について明らかにする。
、成果:接木2年目では、GA処理、摘心処理、多肥処理を実施した場合、樹の主幹延長枝の伸長に関する反応は鈍いが、各処理のいずれかを行うことで主幹延長枝の伸長を促すことができると推察される。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207338
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat