7 砂丘果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)優良品種選定試験 、(2) カキの品種・系統の選定 、2) カキ系統適応性検定試験

7 砂丘果樹の高品質安定生産技術の確立 、1)優良品種選定試験 、(2) カキの品種・系統の選定 、2) カキ系統適応性検定試験

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜
年度2013
概要目的:農研機構果樹研究所育成のカキ系統について、本県での適応性を検討する。
、成果:いずれも完全甘ガキで、「安芸津22号」は現在高接ぎで養成中である。「安芸津24号」は収穫時期が早く、食味良好だが汚損果が見られた。「安芸津25号」は豊産性で食味良好であるが、ヘタすきが多発した。
研究分担砂丘地農業研究センタ−
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat