1 奥能登における休耕地削減のための作 、 物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の 、導入技術 、 (1) 山菜の省力的早期成園化技術の開発 、4) フキの省力密植のための育苗法と定植 、法の検討

1 奥能登における休耕地削減のための作 、 物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の 、導入技術 、 (1) 山菜の省力的早期成園化技術の開発 、4) フキの省力密植のための育苗法と定植 、法の検討

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:フキの増殖は、栄養貯蔵器官である地下茎を分割し、ポットやセルで育苗して定植する方法が一般的である。しかし、手作業で植え付けるため密植ができず、繁茂するまで2年程度かかる。そこで省力的に密植を行うため、チェーンポットによる育苗と雨樋による育苗を検討するとともに、定植時の作業性について検証する。
、成果:苗の活着はいずれも90%以上であったが、雨樋区は作業時間がかかり費用が大きく、セルトレー区は作業時間がかかり植栽密度が粗くなることから、チェーンポットによる育苗が最も省力的でかつ低コストで密植を行うことができると考えられた。
研究分担能登特産物
、栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat