1 奥能登における休耕地削減のための作 、 物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の 、導入技術 、 (2) 不織布ポット大苗定植によるクリの一 、挙成園化技術の開発 、1) 圃場定植後および植栽密度による生育 、の検討 、

1 奥能登における休耕地削減のための作 、 物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の 、導入技術 、 (2) 不織布ポット大苗定植によるクリの一 、挙成園化技術の開発 、1) 圃場定植後および植栽密度による生育 、の検討 、

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:能登地域では、近年、大果で渋皮剥皮性のあるクリ「ぽろたん」の導入が進んでいる。しかし、収穫までに要する未収益期間が長いため、早期結実が可能となる技術が求められている。そこで、本試験では不織布ポットを用いた大苗定植技術に取り組み、ポット資材および栽植密度による生育の違いについて検討する。
、成果:J-masterKポットの側面および底部に切れ込みを入れて大苗を定植した区は、細根の発生が多く見られたものの、ポット外への根の伸長が見られず樹の生育が劣り、一挙成園化に有効な方法であるか判然としなかった。これは、本年、5月中旬〜6月上旬の乾燥(降水量38.2mm:平年比35.7%)により、根の生育が劣ったからではないかと推察された。
研究分担能登特産物
、栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat