1 戦略作物振興試験研究 、1)ブドウ「ルビーロマン」の安定供給 、に向けた商品性向上技術の確立 、 (1) 商品性向上のための技術対策 、1) 生理障害軽減技術の確立対策等 、ア 果皮ひび割れ症状の発生条件の解明 、イ) 水分動態との関係(現地調査)

1 戦略作物振興試験研究 、1)ブドウ「ルビーロマン」の安定供給 、に向けた商品性向上技術の確立 、 (1) 商品性向上のための技術対策 、1) 生理障害軽減技術の確立対策等 、ア 果皮ひび割れ症状の発生条件の解明 、イ) 水分動態との関係(現地調査)

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25
年度2013
概要目的:「ルビーロマン」の種なし栽培で問題となっている果皮ひび割れ症状の発生程度には地域間差が認められることから、地下水位の違いに起因する園地の水分動態について現地調査を行い、発生軽減のための基礎資料を得る。
、成果:商品性を損ねる果皮ひび割れ程度「中」以上の発生粒率は、A園が12.2%であったのに対し、B園が24.5%で有意に高かった。ベレーゾン以降2週間の体積含水率は、A園に比べ、B園で高く、かつ変動が大きかった。同時期の果粒横径は、A園に比べ、B園が有意に大きかったが、この間の日肥大量には明確な差が認められなかった。
研究分担砂丘地農業研究センタ−
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat