作業性の高い水田転換ウメ園の増収技術の確立

作業性の高い水田転換ウメ園の増収技術の確立

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要目 的:排水不良の改善、夏季の乾燥ストレスの軽減、生育診断などに基づいた施肥技術によって水田転換園の減収を解消し、作業の機械化・省力化が図れる水田転換園での生産力を高め、生産者の経営強化を図る。
、成 果:排水不良園における樹勢強化技術の確立に関しては、溝の設置による排水性改善効果を確認するとともに、充填資材の沈降程度では、籾殻が腐熟により20cm程度沈降したのに対し、牡蠣殻、砕石、パーライトはほとんど沈降しなかった。乾燥ストレスを軽減するための潅水方法の確立に関しては、水分ストレス表示シートの利用の可否を調査し、シートの色変化に4 分以上かかる状態が潅水のタイミングになると考えられた。現場で出来る施肥量診断技術の確立に関しては、葉中窒素濃度低下要因は、土壌養分よりもせん定などの栽培管理が影響していると考えられた。
研究分担園芸研究センター
予算区分県単
業績(1)ウメ‘紅サシ’の葉中窒素濃度低下の要因について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207504
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat