本県の条件に適した列状間伐の実証

本県の条件に適した列状間伐の実証

県名福井県
研究機関名福井県総合グリーンセンター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜 27
年度2013
概要目的:福井県では定性間伐が定着推進されてきたが、間伐施業の低コスト化を図るため、列状間伐を普及提案する上で、地形や多雪地帯に適した列状間伐の現地実証を行う。  
、経過:H24年度は、列状間伐試験地2箇所の調査を行い、各種のデータの蓄積を行った。今後、より多くの実証試験地の追加調査を行い、列状間伐と定性間伐の違いを明らかにしていく。
研究分担森林育成・特産G
予算区分国庫補助情報活動システム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat