平坦地における冬期を中心とした野菜の省力品目の作期拡大技術の確立

平坦地における冬期を中心とした野菜の省力品目の作期拡大技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23 〜25
年度2013
概要・アブラナ科葉物野菜の厳冬期のトンネル栽培における、トンネル資材の種類による生育への影響を調べたところ、収量は農ビ1年目、農ビ2年目、農POの順で大きくなり、収穫期間も同様に早まる傾向となった。
、・リーフレタスと結球レタスの厳冬期のトンネル栽培におけるトンネル資材の種類による生育への影響を調べたところ、収量は農PO、農ビ2年目、農ビ1年目の順で大きくなり、収穫期間も同様に早まる傾向となった。

、・H24年度に完了。10月期を中心に収穫するための播種適期は8月上旬〜中旬であった。収穫時の莢視認性を高めるために、収穫開始頃に10〜15%を2回に分けて摘葉した場合、収量性は摘葉しない場合と比べて同程度となり、収穫作業時間も短縮することができた。
、・抑制カボチャの無加温ハウス棚栽培で、親づる1本仕立てを行う際、10a当たり収量を高めるための着果節位は第2雌花の咲く18節前後であった。
研究分担野菜科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207565
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat