県内主要土壌の地力の推移と変化要因の把握

県内主要土壌の地力の推移と変化要因の把握

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間S54〜
年度2013
概要平成24年度に調査を実施した峡北地域32地点について取りまとめを行った。
、全般的に作土深が浅く、pHが高めの地点が多かった。果樹園および普通畑では交換性塩基類が過剰傾向であり、牧草地では交換性石灰が過剰となっていた。果樹園および牧草地では可給態リン酸が過剰となっており、さらに蓄積が進む傾向が見られた。水田では多くの地点が適正な土壌養分状態となっていたが、土壌炭素の減少とCECの低下傾向が見られた。
、 H25年度は県内22地点の現地ほ場と場内8地点のほ場を調査し、現在分析中である。
研究分担環境保全・鳥獣害対策科
予算区分県単
、受託(独法)
業績(1)マルチの有無が圃場からの温室効果ガス発生に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207575
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat