モモ優良品種選抜と栽培技術の確立  、1,モモの優良品種の特性調査と栽培技術の確立(第4次)

モモ優良品種選抜と栽培技術の確立  、1,モモの優良品種の特性調査と栽培技術の確立(第4次)

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(S56)〜
、継(H23)〜(H27)
年度2013
概要検討6品種について生育特性と果実品質を調査した。本年は開花間近の低温の影響により、開花が平年に比べて10日程度遅れたが、収穫はほぼ平年並みであった。「平成小町」は7月上旬に成熟し、果肉が粉質化した果実もみられ食味が劣った。「まなつ」は7月上旬に成熟し、小玉であるが食味は良好であった。「赤宝」の成熟期は7月上旬で食味が劣った。「あまとう2号」は7月中旬に収穫となり食味は良好であった。「まどか」は7月下旬に成熟し食味も優れた。「千種白鳳」は7月下旬に収穫となり糖度が高かった。
研究分担落葉果樹栽培科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat