レンゲツツジなどにより構成される半自然草原群落の保全管理手法の検討 - 甘利山における事例研究 -

レンゲツツジなどにより構成される半自然草原群落の保全管理手法の検討 - 甘利山における事例研究 -

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26〜28
年度2013
概要 生物多様性保全や観光資源などの面で重要な位置づけにある半自然草原群落において、ニホンジカの食害、植生の衰退、開花の減少が報告されるようになっている。そこで本研究では、毎年刈り取り管理が実施されている甘利山の半自然草原群落を中心に、レンゲツツジなどを含む草原生植物へのニホンジカの影響、植生の衰退の要因を明らかにし、それに基づき、半自然草原群落の保全・管理手法を提案する。 
研究分担環境保全科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207691
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat