イネのDNAマーカー選抜育種支援システムの構築 、1.ゲノム選抜育種による出穂期改良品種開発の加速

イネのDNAマーカー選抜育種支援システムの構築 、1.ゲノム選抜育種による出穂期改良品種開発の加速

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間平25〜29
年度2013
概要目的:高温登熟性優良系統に早生遺伝子を持ついもち病抵抗性系統を交配し、ゲノム選抜により高温登熟性を持った早生、多収良質系統を育成する。
、成果:「信交538号」と「信交534号(Ghd7供与親)」のF1個体に「コシヒカリBL3-2」を交配した160粒の3系F1個体を作出した。
研究分担育種部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat