温暖化により増加が予想されるもみ枯細菌病に対応した水稲健全種子生産技術体系の確立 、2.体系防除による苗腐敗症および穂枯症防除技術の確立 、

温暖化により増加が予想されるもみ枯細菌病に対応した水稲健全種子生産技術体系の確立 、2.体系防除による苗腐敗症および穂枯症防除技術の確立 、

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜27
年度2013
概要目的:苗腐敗症および穂枯症に対し効果の安定した防除体系を構築する。
、成果:1)テクリードCフロアブルによる種子消毒とカスミン剤の播種時処理の体系処理は苗腐敗症、ばか苗病、いもち病に対し高く安定した効果が認められた。2)生物農薬ベジキーパーの苗腐敗症に対する効果は、単用よりもテクリードCフロアブルとの体系でより安定した。3)種子消毒+カスミン液剤の体系防除は、種子消毒のみと比較して穂枯症の発病が抑制された。また、オリゼメート粒剤の水面施用によっても、穂枯症の発生は抑制された。
研究分担環境部
予算区分県単
業績(1)水稲の種子生産における銅剤・カスママイシン剤の体系防除の有効性の実証
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207778
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat