果樹のジョイント仕立てを核とした省力、低コスト栽培システムの開発

果樹のジョイント仕立てを核とした省力、低コスト栽培システムの開発

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2013
概要目的:平棚栽培における樹体ジョイント樹について、品種や台木の組み合わせが生育、収量および果実品質におよぼす影響を明らかにする。
、成果:ふじ、シナノゴールド、秋映について、定植4年の10a当たり推定収量は、マルバカイドウ台木の樹体ジョイント仕立て樹は、マルバカイドウ台木の開心形樹と比べ多かったが、M.9台木の主幹形樹と比べ少なかった。
研究分担栽培部
予算区分農・食研究推進事業
業績(1)リンゴにおける樹体ジョイント仕立てによる平棚栽培の収量性と作業性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat