肉用牛に関する素材開発研究 、(2)肉用牛の効率的肥育技術 、3)枝肉中オレイン酸割合向上のための肥育技術

肉用牛に関する素材開発研究 、(2)肉用牛の効率的肥育技術 、3)枝肉中オレイン酸割合向上のための肥育技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜29
年度2013
概要目的:オレイン酸は牛肉の香気に影響を及ぼすとされており、「信州プレミアム牛肉」ではおいしさ基準の一つとして採用されている。そこで、枝肉脂肪中オレイン酸値を効率的に高める飼養方法を確立し、信州プレミアム牛肉認定率の向上を図る。
、成果:飼料中にトウモロコシを30%含む飼料を給与した場合、枝肉中のオレイン酸値は、「信州プレミアム牛肉」の認定基準を上回る58%を示した。
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207870
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat