干渉SARとレーザー測量による深層崩壊危険斜面ピンポイント検出技術

干渉SARとレーザー測量による深層崩壊危険斜面ピンポイント検出技術

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間新H25-26
年度2013
概要近年深層崩壊が発生した地域では、崩壊に至らなかったものの”豪雨によって少しだけ動いて止まった斜面”が多く見られる。このような斜面は重力変形の加速や、地盤変動による地下水経路の切断などの恐れがあり、近い将来に深層崩壊が発生する可能性が相対的に高い斜面と考えられる。本研究では、合成開口レーダーを用いた干渉SARと、地上レーザー測量による細密な地形データの解析を行うことで変位の計測を行い、変形現象の検出が可能かどうかの検証を行う。また、航空レーザー測量データを用いた微地形解析から、深層崩壊危険斜面を検出する技術を開発する。本県は、地上レーザー測量による変位計測と、航空レーザー測量による微地形解析を分担する。
研究分担育林部
予算区分その他
、(科研費)
業績(1)航空レーザ測量データを用いた深層崩壊危険斜面の効率的な検出手法の検討
(2)航空レーザ測量データを用いたCS立体図(微地形図)の活用
(3)CS立体図を用いた地形判読について
(4)航空レーザ測量データを用いたCS立体図(微地形図)の作製と微地形判読
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat