地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

地域バイオマス利用によるきのこの増殖と森林空間の活性化技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間継H22-26
年度2013
概要 きのこ類を活用した新たな「人と森の関り合い」のシステムの構築を行う。そのため、長野県内の「カラマツ間伐手遅れ林分」を対象に、腐生性きのこ及び林内有機物を利用した複合培養技術、環境整備と菌根苗によるきのこの増殖技術を開発し、森林空間を有効活用したきのこの栽培及び増殖技術の実証試験を行う。
、 本研究は、農林水産省農林水産技術会議「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」(現場実証支援型研究)として、長野県林業総合センターを中核機関、信州大学農学部、星の町うすだ山菜きのこ生産組合を共同機関として実施する
研究分担特産部
予算区分受託(農水省)
業績(1)人と森の関わりを深めるための特用林産物の生産技術
(2)針葉樹原木を利用したきのこ栽培
(3)第21回 日本木材学会地域学術振興賞「食用きのこ類の育種及び栽培技術の開発と地域振興への貢献」
(4)日本木材学会地域学術振興賞受賞内容の紹介
、「食用きのこ類の育種と栽培技術の開発と地域振興への貢献」

(5)森林空間の高度利用のための特用林産物生産・流通システムの開発(1)−きのこ−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207939
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat