省資源型農業のための有機資材とその利用技術の開発

省資源型農業のための有機資材とその利用技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2013
概要目的:家畜ふん堆肥等を用いた肥料的価値の高い資材開発及び土壌養分を踏まえた省資源型施肥法の開発を行う。
、成果:堆肥のリン酸肥効はほとんどの場合化学肥料と遜色ないが、一部の鶏ふん堆肥ではリン酸肥効率が低いことが判明した。窒素回収型豚ぷんペレット堆肥は、各種作物で化学肥料代替として実用性が確認できた。共同機関が開発した水田土壌可給態窒素評価法の適合性が確認できた。
、今後の展開:堆肥のリン酸肥効は県の施肥基準に反映していく。水田土壌可給態窒素評価法を用いた適正な施肥法の開発を継続して行う。
研究分担環境部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)肥料価値の高い豚ぷん堆肥・鶏ふん堆肥の製造と利用 第21報 リン酸肥効率が低くなる堆肥の条件
(2)飼料用米栽培における家畜ふん堆肥を活用した減化学肥料栽培技術の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207984
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat