ウイルス病を媒介する微小害虫に対する環境に優しい防除技術の開発

ウイルス病を媒介する微小害虫に対する環境に優しい防除技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜27
年度2013
概要目的:アザミウマ類に対する天敵微生物を分離し、殺虫効果と製剤化のための増殖性に優れた新規微生物農薬を開発するとともに、薬剤感受性と使用薬剤の関連性を明らかにしてより効果が高く持続性のある防除体系を確立し、物理的防除技術や生物的防除技術などを組み合わせた総合防除技術を開発する。
、計画:1)アザミウマ類を防除する新規微生物農薬の開発 2)アザミウマ類・コナジラミ類に対する効率的な防除体系の確立 3)アザミウマ類・コナジラミ類に対する総合的防除技術の開発
、成果:1)自然界から分離したアザミウマに対する殺虫性が期待できる天敵糸状菌の中から低温での発芽速度の速い株を選定、その株についての安定性や混合による影響など特性を明らかにした。2)感受性が低下している薬剤の効果的な使用法、赤色ネットを用いた侵入防止効果等物理的防除技術を明らかにした。
研究分担生物機能研究部・環境部
予算区分県単
業績(1)キュウリ施設周辺におけるミナミキイロアザミウマのMYSV保毒虫率と発病率の関係
(2)赤色ネットと天敵の組み合わせによるミナミキイロアザミウマの密度抑制効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030207994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat