渓流魚の野生系統を活用した増殖方法の確立

渓流魚の野生系統を活用した増殖方法の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県河川環境研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:渓流魚の増殖方法として、「親魚放流」が有望であり、使用する放流種苗としては「半野生系統」が効果的であることが示唆されることから、より効果的な親魚放流技術の開発を目指して、親魚放流による半野生系統の作出技術の開発と実用化に向けた研究を行う。また、野生系統を安定的に存続させるための自然繁殖の促進についても研究する。
、成果:1)アマゴおよびヤマメの雌親のみの親魚放流の放流効果を確認するため、食用色素を用いた雌親体内における卵標識手法を開発した。2)アマゴおよびヤマメの雌親のみの親魚放流による産卵行動および産着卵を現認し、半野生魚が生産されることを確認した。
研究分担下呂支所
予算区分県単
業績(1)人工産卵場におけるアマゴ雌親魚1尾あたりの産卵量
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208060
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat