放流用種苗育成手法開発

放流用種苗育成手法開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県河川環境研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜29
年度2013
概要目的:渓流魚の稚魚放流は、発眼卵埋設などより増殖効果が低いものの、現在もなお多くの漁業協同組合が実施していることから、あらためて稚魚放流に着目し、放流する季節、放流先に先住する大型魚の捕食圧、放流種苗の飼育条件 (飼育密度・隠れ家等) の検討を行う。
、成果:1)春放流したアマゴ稚魚(標識魚)の追跡調査を秋に行った。また、秋放流を実施した。2)アマゴ稚魚に対する大型魚類の捕食圧は検出されなかった。また、自動撮影装置による捕食者(哺乳類・鳥類)の特定を試みたが、特定に資する画像は得られなかった。
研究分担下呂支所
予算区分受託(水産庁)
業績(1)人工産卵場におけるアマゴ雌親魚1尾あたりの産卵量
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208062
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat