食料自給率向上と高品質安定生産を実現する小麦・大麦品種の開発と普及促進

食料自給率向上と高品質安定生産を実現する小麦・大麦品種の開発と普及促進

県名愛知県
研究機関名愛知県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要中華麺用小麦系統の育成
研究分担作物・生物工学
予算区分受託
、(地方独法)
業績(1)Differential detection of Wheat yellow mosaic virus, Japanese soil-borne wheat mosaic virus and Chinese wheat mosaic virus by reverse transcription loop-mediated isothermal amplification reaction.
(2)Immunocapture RT-LAMP法による3種のコムギウイルスの同時検出技術の開発
(3)硬質小麦有望系統「東海104号」の全量基肥肥料を用いた省力施肥技術体系の確立
(4)小麦品種「きぬあかり」の多収要因の解明と栽培技術の確立に向けて
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat