水田由来自給飼料資源 乳用牛給与技術の開発

水田由来自給飼料資源 乳用牛給与技術の開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜H27
年度2013
概要近年の輸入飼料価格の高騰は輸入飼料に依存した畜産経営を圧迫している。特に生乳生産のため、飼料摂取量の多い酪農経営では、飼料自給率の向上は重要な課題となっている。 飼料自給率の向上による酪農経営の基盤強化には、水田由来自給飼料資源の高度利用による給与技術の確立が必要である。このため輸入乾草を稲WCSに、配合飼料を飼料用米に替え、飼料自給率を最大限に高めた飼料給与技術を開発する。
研究分担酪農・飼料生産技術担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208582
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat