琵琶湖生態系修復総合対策研究 、1.生物多様性モニタリング調査 、(1)沖合底魚資源の評価

琵琶湖生態系修復総合対策研究 、1.生物多様性モニタリング調査 、(1)沖合底魚資源の評価

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間経H25〜29
年度2013
概要[目的]沖合底魚であるゴリは琵琶湖の重要な水産資源でありながら資源生物学的知見がなく、資源の評価が全く不可能な状態となっている。資源状況の把握と評価を可能とするため知見の集積と評価技術の開発を行う。
、[成果]1)調査用ビームトロール網を開発した。2)調査用ビームトロール網によるモニタリングにより、ヨシノボリは7〜9月には水深7〜10mの水域に多く分布することが分かった。
研究分担生物資源担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat