琵琶湖生態系修復総合対策研究 、3.水産資源造成技術開発 、(1)温水性魚類の効率的再生産助長技術開発

琵琶湖生態系修復総合対策研究 、3.水産資源造成技術開発 、(1)温水性魚類の効率的再生産助長技術開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要[目的]水田地帯に遡上してくる魚類の生態を把握し、水田および周辺水路における二ゴロブナ等の育成技術を開発する。
、[成果]1)彦根市南三ツ谷の水田水路に遡上したニゴロブナを調査したところ、5〜7月と長期間にわたり採捕され、ニゴロブナ親魚の遡上は降雨と連動していた。また1尾を除き成熟個体であり、産卵のため琵琶湖から遡上しているものと判断された。2)遡上したニゴロブナ親魚の年齢については、1〜5歳と幅広い構成であったが、2および3歳が多くを占めていた。
研究分担栽培技術担当
予算区分県単
業績(1)ニジマスを用いたイケチョウガイの採苗方法の検討
(2)イケチョウガイ種苗生産における飼育方法の改良
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat